シャープ液晶テレビ用リモコンの修理




シャープの液晶テレビのリモコン。

犬にかじられまして、電池ブタの内側の爪がなくなってしまい、閉まらなくなりました。

やってくれるねぇ。

しばらくは輪ゴムで止めたり紐で縛ったりしてしのいでいましたが、やっぱテレビのリモコンっていちばんよく使うじゃないですか、いちいち蓋が取れてきてイラッとしちゃいます。

といって犬に文句を言ってもきょとんとしてるし。(^^;

とりあえず取れて来なくなることを目指して修理することにしました。

電池蓋にリモコンをテーブルなどに置いたとき用の脚があるのでそこに穴を開けるます。

外側はこんな感じに。




一度蓋を乗せて、穴の内側に印を付け、蓋を取り去り電池を抜いて、印の位置に2.5mmの穴を開けます。

深く開けないように慎重に。

開いた。電池を入れ、動作確認。よし、壊してない。

3mmのタッピングビス、長さは5mmほどのねじをストックから探し出しました。

ねじ止め。電池蓋の穴の縁を少し削って微調整。

置いたときにガタつかないようにして完成。

地味に好評です。

やっぱよく使うからね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする